KORAMU

はじめに書いておくと、自分の中で答えの出ていない話になります。


暇な方だけ読んでください。


最近、色々な方と話をすると、デザインにおいて「理論」と「感性」どちらが大切かって良く考えさせられます。大抵の場合は、どちらも大切っていう結論になるのでしょうが、自分自身はどうなんだろうって事にすごく興味があり、自己分析したいけれどなかなかうまくいきません。

自分が施主だったとして、「理論派デザイナー」と「感性派デザイナー」どちらに頼みたいか?

自分がガーデンショーの主催だったとして、「理論派デザイナー」と「感性派デザイナー」どちらに頼みたいか?

自分が学生だったとして、「理論派デザイナー」と「感性派デザイナー」どちらに習いたいか?

自分が学生だったとして、「理論派デザイナー」と「感性派デザイナー」どちらになりたいか?

現在の自分はどちらなんだろう?

単純に答えると、自分が施主だったら、安心感を得るために、理論派に頼みたい。

ガーデンショーとしては、感性派にアバンギャルドな作品を作ってもらいたい。

学生だったら、感性は学びづらそうだから理論をベースとして学びたい。

学生だったら、理論を知った上で、感性で勝負できるデザイナーになりたい。

自分は・・・・感性派だと思い込んでいるけど、そうでもないらしいと最近気づいてきた。


学ぶべきは理論。磨くべきは感性。という事になりそうですが、なんだか言葉遊びみたいでしっくりこない(-_-;)

そんなこんなで今日も日が暮れる。


きちんとしていないブログを書く事も、等身大のボタニアンメンバーを知ってもらう一つの方法かと思い、とりとめのない内容を書いてしまいましたが、その時その時で、心を支配する葛藤みたいなものがあり、私の場合は今はこんな事が心の1~2%を支配しています。

by 有福