BO1


私たちの業界とって、「国際バラとガーデニングショー」は大きな意味を持ちます。


植物やガーデン愛好家ではない一般の方にまで訴求力あるのではないかと思う


大きなイベントだからです。



第一回の開催時には、ガーデンやイベントの首脳陣が、はたしてガーデンで本当に費用に見合う


来場者は来るのかと、心配だらけのスタートだったようですが、18回目となる今年は


通算来場者400万人を突破したようです。(凄い事ですね。様々な苦労の上に400万人!)


しかし、18回目ともなると目新しさもイベントとして欲しくなってくるもので、


今年、開催中にお庭を完成させていくという「ライブガーデン」という企画がはじまり、


この企画を任せていただきました。 


はじめてでしたので、「反省」も多かったですが、途中途中で行うライブトークに関しては


自分なりの突破口も見えた気がしました。

BO2


聞かれる方は、椅子に座るわけでもなく、いつでも立ち去れる形式のライブトーク。


理論的なかしこまった話よりも、手軽に聞ける「ちょいコツ」。


ここに絞ったら最後うまくいきました。


会場を見渡せば、懐石料理屋はなく、たこ焼きや、ホットドックが人気なわけで、


自分にとって、価値があるかないか、すぐに判断して時間をうまく使わなければいけない


こうゆう大きな会場でのイベントに関しては・・・・


トークもたこ焼き屋的な感じが良いぞと、気づいた最終日でした。





ボタニアンでは、植物の力をつかったミッションを募集しています。