ガーデンショーというものが開催される様になり、何年経つでしょうか

th_171011b


その度に出展される作品は数多くあると思います

けれどいつも気になるのは躯体と植栽のバランスです



日本の伝統技術である、竹や石などの素材で空間構成をした、
ガーデンといわれる作品は少ないと思います

それは何度かこのブログでも書いている様に、
ガーデナーと庭師が区別化されてしまっているからのような気がします

同じ土や樹木扱う仕事なのに、悲しいほどこのふたつの交流ありません


今回ボタニアンでは、庭師集団の-庭連-のチカラを借りて、
この課題にチャレンジしようと試みています



th_20191011