omote1
コンビニで買ってきた、お茶菓子を出すのと、手作りのお菓子をつくり、お出しするのはどちらが美しいおもてなしだろう? 「おもてなしガーデン」の依頼をいただいてからは「おもてなし」について頭を巡ります。全部準備してきてユニックでドンっと降ろすような作品と、もてなす場で竹を磨くところから始める作品づくり。作品が出来上がっている開催中に来た人は気づかない事かもしれないけど、あえてこの段取りをするところも作品の一部です。

omote2
全国から庭連の庭師達が、来場者の事を考えながらじっくり作業していきます。竹を磨き、同じサイズに割いて、節を落とし、ひとつひとつ手間のかかる下ごしらえを行ったうえで進めていきました。
omote3
今回の植物は、日常の中のおもてなしを表現するためにあえて竹やグラスといった身近な植物を用いていますが、グラスは種類揃えるのが大変ですね。そんな中、大きな力になっていただいたのが,
安行植木さん、はるはなファームさん、畑や加藤ファームさん、実野里さん、ヨネヤマプランテイションさんです。本当にありがとうございました。
omote6
また、今回植え込みなどに関しては、新潟の寄せ植えコンテストで殿堂入りした堀田さんにご協力いただきました。下の写真は堀田さんの作品、すごく難しいことなのにいつも「賞」を獲られています。さすがです。
omote8
全体のバランスなど、いろんな事をトータルで相談できるピースオブマインドの加藤さんにも19日来ていただきました。加藤さんはボタニアンの相談役なんです。
omote7

今回挑戦した竹とグラス、竹と草花というありそうでなかった事への挑戦は、個人的には成功で可能性もじゅうぶんあると思いました。同時に、竹という「素材」これは、どんな形に、どんな幅ででんな編み方かだけでも、見え方がすごく違う! 今度はすごく広い常設のナチュラルガーデンで竹と草花コラボさせられたらもっとおもしろいだろうなあ。。。

仕事をしながらの約1か月で形にできた事、お力添えに感謝いたします。

庭連 埼玉県

井上雅道
山田裕司
金子昌輝
金子光尊
大川果凛

東京都

伊藤哲也
竹田哲司

神奈川県

高田宣人
津川隆史
松井士郎

千葉県

壇上健太郎

宮城県

小畑栄智
寺嶋隆之

庭連 西日本

清水亮史

協力参加

村田 康行

植物協力

安行植木
畑や 加藤ファーム
はるはなファーム
実野里
ヨネヤマプランテイション

協力
加藤孝幸 
堀田佐智子



ボタニアン
デザイン 中野万里
ディレクション 井上雅道
有福創


omote4