ボタニアン Botanian

Blog

『おもてなしガーデン4』の画像
コンビニで買ってきた、お茶菓子を出すのと、手作りのお菓子をつくり、お出しするのはどちらが美しいおもてなしだろう? 「おもてなしガーデン」の依頼をいただいてからは「おもてなし」について頭を巡ります。全部準備してきてユニックでドンっと降ろすような作品と、もて

『おもてなしガーデン 3』の画像
作品タイトル:  Open-heartコンセプト:  ハレとケの「ケ」身近な草や竹などの素材を用いて、盛大でなくとも相手を想い、受け入れる美しくて尊いおもてなしの心を表現します。特徴: 日本的なガーデンを模索する中で、竹とグラス植物の美しさへ挑戦した作品です。使用して

『おもてなしガーデン 2』の画像
ガーデンショーというものが開催される様になり、何年経つでしょうかその度に出展される作品は数多くあると思いますけれどいつも気になるのは躯体と植栽のバランスです日本の伝統技術である、竹や石などの素材で空間構成をした、ガーデンといわれる作品は少ないと思いますそ

『おもてなしガーデン 1』の画像
日比谷公園ガーデニングショーにて、おもてなしガーデンの展示させていただくことになりました。今回、施工は庭連(http://niwaren.jp) とのコラボレーションです。おもてなしって、なんでしょう?形ではなく、思うことであり、言葉ではなく、感じることであり、あと、手間

『2017ウインターガーデニングショーin にいがたサントピアワールド』の画像
新潟の遊園地、サントピアワールドさんの冬のイベントにかかわってボタニアンも3年目。今年は長年愛されてきた洋ラン展から、冬のガーデンショーへ大きく変わります。ウインターガーデニングショーinにいがたサントピアワールド 第3回の寄せ植え&ハンギングバスケットの

『グラスの底力』の画像
なんてことない農道の風景グラス(草類)のコンビネーションは懐かしいようでほっとする。地味だけどいいなと「ああ、かんぺき!」と車を止めて、辺りを見渡しながらひとしきり感激する。自然が作り出した織りなす模様に心奪われる。けれども、ちょっと地味なのか「いいんだ

↑このページのトップヘ